スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻雀 天極牌 Hangame(ハンゲーム) 一局戦の攻略!

最近iPadなるものを買ってしまいまして・・・

麻雀好きな私はすぐさま麻雀アプリを検索したわけですよ(爆)

そしたら「麻雀天極牌」というアプリが
なつかしのハンゲー提供で出されているではないか!
しかも無料!

っつーわけでこれを楽しんでいたんですが、
これには普通の麻雀ゲームにはない

   一局戦

というものがあり、その名の通り東一局のみの結果で戦うというものである。

手軽でスピーディに麻雀を楽しめるというもので、
私はこれに没頭!
一局戦ならではの勝利の法則をいくつか見つけ、
レーティング2000以上まで持っていけた。

以下に記載しておきたく思うので、これを参考に一局戦をみなさんに楽しんでいただけたらと思う。



 1 振り込まないこと

 一局しかやらないので、振り込んでしまえばそれで最後、
 ラスが確実なものになってしまう。

 リーチへの警戒はもちろんのことながら、
 相手の仕掛け(鳴き)に対しても警戒が必須である。
 (一局戦の性質上、リーチをかけてくる場合は少なく、ダマへの警戒も必要)





 2 場決めの結果によって打ち方を変える(重要)

 たった一局しか対戦しないことから、点数が引き分けになることも多い。
 その結果としては、上家優先のルールがあるので順位がそのように決まる。
 よって、自分の席次によって打ち方をいしきしなければならない。

 (1) 東家(起家)の場合
    親の場合、一番意識しなければならないのは、
   他の誰かがツモ上がりしてしまうと親かぶりで必然的に
   ラスになってしまうことだ。
    誰かが仕掛けを打ってきたならば、多少無理をしても
   こちらも前に出なければラスを食ってしまうことも多い。

    しかしながら、他の者が他からロン上がり、では2位確定、
   流局聴牌で1位確定というメリットもあり、攻めるか守るか
   その判断が一番難しい場であると考えられる。

 (2) 南家の場合
    一番有利な場であると考えられる。
    なぜならば自分以外の誰がツモ上がりしても自分の順位は2位が
   確定するためだ。
    このゲームはレーティングシステムの仕様上2位以上を目指せば
   順位が上がっていくものであるので、親かぶりがなく、上家優位の
   この南家スタートはとてつもなく有利なのだ。
    また、親が自分以外からロン上がりしても2位確定、子が親から
   ロン上がりした場合も2位確定と、とても安定した成績が期待できる。

    しかしその条件は「振り込まないこと」であるので、
   南家の場合は守備的な麻雀が主流となるだろう。
    攻めに出る場合も、役があればもちろんのことダマで行くべきだ。  

 (3) 西家の場合
    一番ぱっとしない微妙な場である。
    他家のツモ上がりについては、北家がツモ上がる場合を除けば
   自分の2位が確定するわけであるので、自ずと自分の下家である
   北家に対して牌を絞ることとなる。
    絞りつつも、「振り込まなければラス回避」がここでは成り立たないことから、
   多少は攻めていかないといけない。
   あまりうれしくない場。

 (4) 北家の場合
    一番テンションの下がる場、不利な場である。
    他の誰のツモ上がりでも3位以下、親のツモ上りではラス、
   だまっているわけにはいかないところであり、
   起家以上に攻撃的にでなくてはいけない場である。
    メンゼンでは苦しくなると思われるので、鳴きを多用して
   上がりに行きたいところ。
    あと、東家にツモ上がられるのは避けたいので、
   攻めつつも多少は牌を絞っていきたい。    



 3 役作り
  一局戦では1000点でも良いので上がれば勝ち、1位である。
  それを実現するためには、他の誰よりも早くテンパイする必要がある。

  そうなると、必然役作りが必要になる。
  配牌から、自分の手がどのように育つか直感的にでもよいので判断し、
  鳴きを多用してスピード上がりしたいところだ。

  やはり、一番活用できるのはクイタンであるので、
  オタ風が手牌でかさなっている場合は、例え暗刻で持っていたとしても
  切り飛ばしていくことも考えなければならない。

  ドラについても気にしないのがここでの麻雀では普通である。


↑やはり南家の優位性が目立つ。(なぜかラスが西家より多いが・・・)

スポンサーサイト

雀龍門・裏技!(小技)その?

雀龍門をやっていて変な技をたくさん見つけています・・・(笑)
役にたつかどうかは要検証。
私にはわからない!!

今回紹介するのは『小手返し(?)





↑のような手牌

写真からトイメンがツモって、
捨て牌選択中という状況であることが分かると思うが、
このまま私のツモ番が来たら、
暗刻の右側にツモ牌が表示されるハズであろう。

しかし、次の画像を見てもらいたい。





1枚目の画像とよく見比べていただきたい。

1枚しかもっていなかった が手牌に入り、
もとから3枚だった を、
あたかも今暗刻にしたかのようにツモ牌へチェンジしている。



いわゆるリアル麻雀で言うところの『小手返し』のような事が出来ているのである。

雀龍門の捨て牌の切りだし位置は、
しっかりと理牌(リーパイ)した通りの場所から出すという、
本当にリアルが追及されたものとなっているので、
小手返しのようなことができれば、
少しは相手を戸惑わせる事が出来るかもしれない。

以下に方法を記す。



① 自動理牌した時、手牌の一番右に表示される牌以外の種類の牌を、
  手動で一番右へ移動しておく。

  上にある1枚目の画像で言えば 以外の牌を、
  一番右に表示するようにしておく。
  (私の自動理牌は、字牌→ソーズ→ピンズ→マンズの順である為)

② 自分のツモ番にて、
  ツモった瞬間に「理牌」ボタンをポチポチっと押す。

  案外タイミングがシビアだが、
  ツモ牌が見えた瞬間に押すようにすると良い。




方法は以上であるが、
成功すれば本来一番右にあったハズの牌を
ツモったことになってしまう。



この技のメリットは2点考えられる。

A:ツモ牌を悟らせない。

B:役を変化させる。
  (この現象が本当にバグから成っており、結果にも反映される場合。未検証


特に、Bの効果が本当に得られるのではあれば、
本当においしいのではないか。



例えば上のような手牌で、
をツモった瞬間に、
例の小手返しを使用したとする。

すると、この手牌の場合は をツモったことになり、
本来では付かない役、「ピンフ」が付与される形になるのである。

しかし、これはまだ未確認。
要検証の事象である。

新潟県・新潟大賞典

新潟競馬場に行ってきた。
メインレースは2010年度、第32回新潟大賞典!

写真だけはる。













5枚目の写真に写る馬は、
・・・
(´・ω・`)

麻雀牌のアイコン、素材!ブログ用にいかが?

麻雀牌のアイコン素材をブログ用に使いやすいよう、ページを作った。
初めてじゃばすくりぷとなんてモノをいじった・・・
麻雀を休んでまで・・・w

ぜひ使ってみてみそ( ゚Д゚)


大車輪ってアガルものなの?





役満に縁のないノムケンです↓

これは大車輪イーシャンテンの画像。

実はこのシーンの4順前の中切りから、
この形でイーシャンテンをとったのだけど、
そこから無駄ヅモの嵐。

イーピンや9ピンでもいいから来いよぉ、、、
ってな感じだったのだけど、
この局は結果が結ばれず・・・



しかしながら、
この対戦にてめでたく3級に昇格。

目標の段位に少し近づいたのであった。。。
プロフィール

ノムケン

Author:ノムケン
麻雀好き!
ラーメン好き!
楽器が好き!
家電好き!
IT系の前職持ちでネット厨!?

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク